360度VR立体映像及び、立体音響制作に向けたプロジェクト
イマーシブ・メディア・ラボ(IML)が本格始動へ

株式会社IMAGICA(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大林克己、以下IMAGICA)は、昨年8月、社内に映像を視聴体験する際の没入感を追求する先進映像技術をリサーチするプロジェクトチームである、イマーシブ・メディア・ラボ(以下IML)を発足させました。このIMLを中核とし360度VR立体映像及び、立体音響コンテンツの制作に向けた技術サービスをいよいよ、本格始動いたします。

近年、めざましく向上したグラフィック性能と、応答速度や精細度などの優れたヘッドマウントディスプレーの普及により、従来の両眼立体視映像、VR/AR、サラウンド・オーディオ、大型フォーマット映像の分野においては、更なる進化した技術サービスが求められるようになっています。IMLはIMAGICAが、こうした映像分野において提供しつづけてきた技術サービスを更に進化させ、見る者が既存の枠にとどまらない没入感を体感できる映像技術を、確立するために立ち上げた技術開発チームです。

IMLでは映像を体感する際、没入感を構成する要素として、両眼立体視による360度映像と高次アンビソニック音響が重要であると考え、映像と音声のキャプチャーの方法、画像処理と音声処理についてリサーチを重ねてまいりました。配信プラットフォームやスマートフォンを用いたVRコンテンツを、実際に制作することによりすでに成果をあげております。

こうした成果を背景に、2017年度、IMLは没入感を追求するコンテンツ制作に向けたプロジェクトを更に本格稼働させてまいります。これらの技術開発はエンターテイメント分野のみならず、IoTを利用した各種システム開発など、すでに多くの分野において様々な企画が予定されております。

IMAGICAは、長年に渡り映像分野において多くの技術開発を提供してまいりました。IMLの本格始動により今後も進化する映像分野において、時代に即した技術提供、技術開発に対応してまいります。

★IML 担当窓口  加藤、由良    TEL:03-3280-1427

ページのトップへ戻る