4K分野における技術協力作品が「4K徳島映画祭2015 in 神山」、ならびに「ルミエール・ジャパン・アワード2015」にて各賞を受賞

IMAGICAが技術協力させていただいた4K作品『タイムトリップ軍艦島』(制作著作:株式会社フジテレビジョン)が、4K作品を対象とする映画祭「4K徳島映画祭2015in神山」にて大賞を、さらに先進映像協会日本部会が主催する「ルミエール・ジャパン・アワード2015」の4K部門でグランプリを受賞されました。
また、『東京アイドルフェスティバル2014 ~史上最多!アイドル138組が大集結!!~』(制作著作:株式会社フジテレビジョン)が同じく「ルミエール・ジャパン・アワード2015」にて特別賞を受賞されました。

「4K徳島映画祭2015 in 神山」は“4K先進県”徳島県神山町で12月4日~6日まで開催された4K・8Kの作品に特化した映画祭で、4K映像のみを対象とした映画祭としては、日本で初めて開催され、高精細映像の長所を生かした作品を一堂に集めることで、映像の新たな可能性を見いだし、日本の映像文化をより発展させることを目的としており、今回は60作品の4K作品が出品され、20作品がノミネートされており、その中でフジテレビ制作による『タイムトリップ軍艦島』が最も評価され、大賞受賞となりました。

また「ルミエール・ジャパン・アワード2015」は国内で制作・公開された優れた先進映像コンテンツを表彰することで良質なコンテンツの拡大と品質向上を目的とするもので、従来の3D部門に加え、今年から4K部門が新設され、4K撮影の効果的な高画質表現が認められて、『タイムトリップ軍艦島』がグランプリを、音楽番組『東京アイドルフェスティバル2014 ~史上最多!アイドル138組が大集結!!~』が特別賞を受賞されました。

2つの賞を受賞された『タイムトリップ軍艦島』は、かつて石炭の採掘によって日本の近代化を根底から支える場所だった端島炭坑、通称“軍艦島”を紹介するフジテレビ制作によるドキュメンタリー番組で、風景を美しい映像で記録するだけではなく、ヘリコプターやドローンによる空撮、レールやジンバル(水平を保って手ぶれや振動を防止する装置)を用いた撮影、4Kサイズで制作した地図やテロップなどCGの検証、古い写真や映像のアップコンバートなど実験的な試みにも取り組んだ番組です。(4K試験放送「Channel4K」で放送され、FOD LABOで配信)

フジテレビ制作による『東京アイドルフェスティバル2014 ~史上最多!アイドル138組が大集結!!~』は、約1000人の女性アイドルと4万人を超える来場者を集めたフェス「東京アイドルフェスティバル2014」の様子を4Kで収録して放送。ステージ上での表現力を競うアイドルという素材で映像の美しさを追究するとともに、人数が多いグループショットでのそれぞれ顔や表情のみずみずしさ、また、昼間から夜間にかけて屋内外のステージでの様々に変化する光の状況などを、4K映像の表現力で忠実に再現させた番組です。

IMAGICAでは、テクニカルディレクションをはじめ、編集、MA、カラーグレーディングを担当し、4K映像のポストプロダクションをトータルサポートいたしました。

創業80周年を迎えたIMAGICAは、4K分野においてもつねに新しい技術に対応すべく技術力の向上に努めております。これからも進化し続ける映像制作の分野において信頼を裏切らないよう、技術の向上に邁進してまいります。

<関連リンク>
株式会社フジテレビジョン公式企業サイト http://www.fujitv.co.jp/company/index.html
フジテレビオンデマンド公式サイト http://fod.fujitv.co.jp/s/fodlabo/
ルミエール・ジャパン・アワード公式サイト http://www.i3ds.jp/award/award2015.html
4K徳島映画祭公式サイト http://4kforum.jp/winners/

IMAGICA公式サイト 
特集/4K映像ポスプロ(前篇) 
http://www.imagica.com/topics/staff-team/team4k1/
4K映像ポスプロ(後篇)
http://www.imagica.com/topics/staff-team/team4k2/

ページのトップへ戻る