文化庁 平成28年度ASEAN文化交流・協力事業(映画分野)
デジタルシネマ制作ワークショップinマレーシアに
Imagica South East Asiaが参加

株式会社IMAGICA(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤川幸廣、以下、IMAGICA)が2014年2月、マレーシア・ジョホール州イスカンダル開発地域に設立した合弁会社Imagica South East Asia Sdn. Bhd.(マレーシアジョホール州、Chief Executive Officer:冨里幸太郎、以下、Imagica SEA)は、文化庁 平成28年度ASEAN文化交流・協力事業(映画分野)「デジタルシネマ制作ワークショップinマレーシア」(平成28年10月31日から11月5日まで実施)に、現地コーディネート及び、開催中のサポート業務として参加いたしました。

この事業は文化庁がASEAN文化交流を目的とし、アジアにおける映像分野の活性化を目指し実施するもので、公益財団法人ユニジャパンおよび東京藝術大学大学院映像研究科によって企画・運営されており、昨年に引き続きマレーシアで実施され、映画分野において、日本を代表する高い技術と経験を持った制作者達が、現地に派遣され、東京藝術大学が中心となり開発した教育カリキュラムに基づく実践的なワークショップや専門性の高いレクチャー等を行いました。

今年は第一線で活躍する日本の映画制作者である、東京藝術大学の教員を中心とした監督、撮影、美術、編集の講師チームとImagica SEAが手配したサウンド分野の講師(各講師詳細、以下URL参照)で結成され、マレーシアのマルチメディア大学(MMU)のFaculty of Cinematic Artsの学生13名、シンガポールのラサール芸術大学映画学科の学生6名に日本の東京藝術大学大学院映像研究科の学生5名が加わった計24名を対象としたワークショップで、期間中に短編映画を制作することにより、より総合的な映画制作体験が出来るものとなりました。また、Imagica SEAに隣接するPinewood Iskandar Malaysia Studios (以下、PIMS)も活用され、映画制作には最適な環境での開催となりました。

6日間のワークショップは非常に有意義なものとなり、与えられた課題に対し3か国の混成4チームで提示されたカリキュラムに基づいて撮影、編集の作業を行い、最終日には上映の後、各講師からの講評を頂きました。
Imagica SEAは、昨年に引き続き本事業をサポートさせていただきましたが、6日間という長い期間でのワークショップへの協力により、映画制作を通して生まれる国を超えた交流を間近で感じることが出来、大変有意義な時間を共有させていただきました。今後もアジアにおけるこうした国際交流、そして映像分野における活性化に寄与させていただきたいと考えております。

講師陣からは、東南アジアでのこうした交流の重要性が口々に聞かれると共に、Imagica SEAがマレーシアに存在していることを心強く思うと共に、その環境の良さについても言及していただきました。(各講師インタビュー、以下URL参照)

文化庁 平成28年度ASEAN文化交流・協力事業(映画分野)デジタルシネマ制作ワークショップinマレーシア 実施レポート
http://www.imagica.com/topics/aseanworkshop_isea_my2016/

Imagica SEAは2014年のマレーシアへの進出以来、日本国内で長年培ってきたポストプロダクション技術、独自開発システムやノウハウにより、高品質なサービスとクリエイティビティを提供し、隣接するPIMSとの積極的な連動も進めて参りました。また、2015年には現地教育機関と提携し、ポストプロダクション分野における実践的なトレーニングサービスを提供し、高度な専門スキルとクリエイティビティを兼ね備えた人財の育成にも寄与いたしております。こうした日本と東南アジアにおけるワークショップのような事業をサポートさせていただくことで、東南アジアにおけるコンテンツ制作・流通のHuBとなり、日本コンテンツの海外展開や新規ビジネス機会創出をサポートする業務においても、引き続き、従事して参りたいと考えています。

ページのトップへ戻る