IMAGICAアーカイブ・レストレーション事業
昭和初期開業の温泉地の貴重なフィルムをデジタル化

 株式会社IMAGICA(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤川幸廣、以下IMAGICA)は、今年創業88周年を迎える花巻温泉株式会社(本社:岩手県花巻市、代表:安藤昭、以下花巻温泉)が所有する貴重な花巻温泉の歩みが分かるフィルム映像を、デジタル化いたしました。

 IMAGICAは、すでに東京国立近代美術館フィルムセンター所有の、映画フィルムとしては初めて国の重要文化財に指定された『紅葉狩』(1899年)をデジタル復元するなど、貴重な映画や映像をデジタル化しています。
 今回、デジタル映像化した花巻温泉の映像は昭和5年当時の花巻温泉開業時の映像を始め、貴重な映像ばかりです。著名な映画や文化財等に指定されたものだけでなく、こうした各地方の商業施設や自治体が所有する貴重なフィルム映像は、数多く存在しています。しかし、保管方法が適切な状態にないものが多いのが現状です。保管方法によっては映像の劣化が進み、それらの映像を見ることすら難しくなることもあります。
 こうした地方に眠る貴重な映像を、IMAGICAはデジタル化することにより、過去の映像をよみがえらせ、後世に残す事業にも積極的に取り組んでおります。

 今回、デジタル映像化した花巻温泉の映像は、創業開始日となる本日11月27日に花巻温泉で開催される創業88周年の記念祝賀会で上映予定です。

 今年創業80周年を迎えたIMAGICAは、国内のみならず海外も視野に入れた映像事業に取り組んでいくほか、長い歴史の中で培った映像技術をこうしたフィルムのデジタル化、並びにアーカイブ事業にも寄与してまいりたいと思います。

hanamakionsen_1 hanamakionsen_2

ページのトップへ戻る