「HARBOR」が日本テレビサービスによる番組販売のワークフローに導入決定 テープに代わるファイルベースでの番組販売を促進

株式会社IMAGICA(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤川幸廣、以下IMAGICA)は、株式会社日本テレビサービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:田所俊文、以下日本テレビサービス)と、日本テレビサービスが運用管理する国内の放送局に向けた番組販売時のファイル転送システムに「HARBOR」をOEMとして導入する契約を結びました。この契約により、現状テープベースで行われている番組販売運用フローから「HARBOR」を利用したファイルベースでのフローを利用する事が可能となります。

日本テレビサービスは「HARBOR」のOEM提供を受け、「n-Lagoon」の名称で、リクエストがあった局から順次ファイルベースでのサービス利用開始を想定しています。これにより、今までのテープによる納品に比べ、素材デリバリーの迅速化、各種経費削減、リスク回避やBCP対応が可能となります。また、番組販売をしている国内の様々な放送局へも「n-Lagoon」のサービスを両社協業で推進していきます。

HARBORはスカパーJSATを始め、放送局/配信事業者/制作会社/ポストプロダクション/撮影スタジオなど、多くの映像制作会社にご利用頂いております。

【HARBORとは・・】
大容量の各種映像素材を安全にファイル伝送する映像制作フロー支援プラットフォームです。下記はその主な特徴です。
・セキュリティが担保されている閉鎖ネットワーク
・送信側と受信側のファイルの同一性の保証
・既存システムとの柔軟な連携が可能
・回線冗長を保った安定的な転送が可能

ページのトップへ戻る