「HARBOR 映像制作フロー・プライベートセミナー」開催

このたび、IMAGICAはInter BEE 2014の最終日(11月21日)に、幕張メッセ国際会議場内の会議室にて、映像制作や、映像技術に携わられる方を対象とした「HARBOR映像制作フロー・プライベートセミナー」を開催いたします。

今後の映像のデジタル制作フローを見据え、2014年より映像制作関連の各社様にIMAGICAの『HARBOR』ネットワークを導入いただき、各社間でのファイル転送やワークフロー連携の取り組みがスタートしております。

本セミナーは二部構成となり、第一部では『HARBOR』を活用した映画制作フローへの導入をいち早く取り組まれた株式会社バスクの田口拓也様(株式会社バスク取締役ポストプロダクションセンター長)、ファイルベース化で先進的な活動を展開されている根岸誠様(東映ラボ・テック株式会社取締役)に、各社におけるデジタル制作フローへの取り組みについてご講演いただきます。
第二部では引き続き両社様と、IMAGICAの開発エンジニア工藤隆朗を交えたパネルディスカッションを通じて、新たな制作フローへの取り組みをご紹介いたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

「HARBOR 映像制作フロー・プライベートセミナー」
開催日:2014年11月21日(金)12:30~14:30 
場所: 幕張メッセ 国際会議場内1F 104会議室
対象: 映像制作会社、映像技術会社においてデジタル制作ワークフロー設計を担う方
    新たなワークフローによる映像制作の刷新に意欲的な撮影家計者の方
定員:100名(事前申込み制。先着順)
お申込みはこちらから:http://kokucheese.com/event/index/224200/
※申込締切は11月18日(水)となります。

ページのトップへ戻る