マルチコンテンツマーケット”Japan Content Showcase 2017″内 TIFFCOM2017に出展

株式会社IMAGICA(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大林克己)は、 10月24日(火)から10月26日(木)まで、サンシャインシティ コンベンションセンター(東京都豊島区東池袋)にて開催される”Japan Content Showcase 2017″内のTIFFCOM2017(東京国際映画祭(TIFF)併設開催)に出展いたします。

コンテンツの垣根を越えたアジアを代表するコンテンツマーケットであるTIFFCOMは、映画、テレビなどのコンテンツの他、音楽やアニメーションなど多彩なコンテンツホルダーが一堂に会し、アジア諸国はもちろん、世界各国から有力なバイヤーが来場します。IMAGICAブースではこうしたコンテンツホルダー、バイヤーに向け、市場からの要求が高まっているファイルベースの素材管理と流通への対応を目的として開発、2017年に正式リリースしたクラウドを活用したコンテンツ管理システム「TASKEE」の展示とデモンストレーションを行います。

また、イマジカ・ロボットホールディングスのグループ会社であり、メディア・ローカライゼーション事業のSDI Media Group, Inc.(http://www.sdimedia.com/ja/)も同じブース内に出展し、それぞれの事業展開説明のほか、協業によるビジネスモデルも展示、説明する予定です。
IMAGICAは、国内だけでなく海外を視野に入れた映像事業展開を行っており、昨年に引き続きオンラインショーケース「FOYER」が今年もJCSの公式オンラインライブラリーに採用されており、日本の良質な映像コンテンツを世界中で楽しんでいただけるよう、日本の映像コンテンツ産業の発展に寄与していきたいと考えております。
この機会にIMAGICAの国内市場並びに海外市場に向けた更なる事業展開について、ご理解を深めていただき、お時間ございましたら是非ご来場ください。

イベントの詳細は下記をご参照ください。
Japan Content Showcase 2017 
URL:http://www.jcs.tokyo/ja/
会期:2017年10月24日(火)~10月26日(木)
会場:サンシャインシティ コンベンションセンター(東京都豊島区東池袋3丁目1)
ブース番号:A1-34

ページのトップへ戻る