”映像の詩人”ユーリー・ノルシュテインの傑作群を
グループ横断プロジェクトで2K修復 全国順次公開中!

左:修復前 右:修復後/「霧の中のハリネズミ」(1975年/10分) © 2016 F.S.U.E C&P SMF

左:修復前 右:修復後/「霧の中のハリネズミ」(1975年/10分) © 2016 F.S.U.E C&P SMF

世界遺産級の傑作をIMAGICAで修復

「霧の中のハリネズミ」「話の話」など世界的に評価の高いノルシュテイン監督の作品群。日本にはファンも多く、監督自身も過去、何度も来日し、日本のアニメーション界の人たちとの交友関係もよく知られるところです。
今回、IMAGICA TVは運営する「イマジカBS」開局20周年記念企画として「映像の世界遺産」と言っても過言ではない、ノルシュテイン監督のソ連時代の6本の短編をロシアでオリジナル・ネガ・フィルムから2Kスキャニングし、そのデータをIMAGICAで2K修復いたしました。


作品が修復されるまでの道のり~ディレクションからグレーディング、そして修復完成へ!

山下泰司 氏(IMAGICA TV)

山下泰司 氏(IMAGICA TV)

ディレクションを担当したIMAGICA TVコンテンツ事業局・メディア戦略部の山下泰司氏は「1987年、レーザーディスク発売会社の新人だったころ、ノルシュテイン監督の初来日に立ち会いました。30年の時を経て全体を統括する役割になり感慨もひとしおでした。その責任は重大でしたが、IMAGICAの確かなプロフェッショナルたちのおかげで素晴らしいものに仕上がったと思っています。」と笑顔で話します。


ロシアでの取込作業~フィルムからデジタル・データへ変換

レストレーションの作業風景

レストレーションの作業風景

映画の保存と修復を手掛けるロシア最大のフィルム・アーカイブ、ゴスフィルモフォンドにて、6作品の35mmオリジナル・ネガから2Kでスキャニング。フィルムを1コマずつ、横方向を約2000ピクセルの解像度でデジタル・データ化し、連番のファイルにしていきます。


デジタル・レストレーション~細心の注意を払いつつ、傷などのダメージを修復

新井陽子(IMAGICA レストレーションスーパーバイザー)

新井陽子(IMAGICA レストレーションスーパーバイザー)

これまで映像120年以上の歴史の中で、人の想いのこもった作品がたくさん作られてきました。しかし、どのような名作であっても、経年とともに映画フィルムそのものの劣化が進行していきます。これらを高解像度でデジタル化し、最新の技術できれいな映像へ復元するのが、このレストレーションという工程の目的です。
これまで数百の作品に携わってきた、レストレーションスーパーバイザーの新井陽子は「今回は、フィルムの劣化によって生じていた映像の揺れを軽減させることから始め、次に、見にくさの一番の原因となる、フィルムに大量に付着した傷やゴミをデジタル上で除去していきました。昔の観客が観賞したであろう、制作当時の状態に少しでも近づけることが目標です。この作品群はこれまでに手掛けたアニメの中では最も絵柄の繊細なものだったので、いつも以上の丁寧な作業が要求されました。」と話します。


グレーディング~悩みに悩みながら、明るさやコントラストなどの色調を補正

阿部悦明(IMAGICA カラリスト)

阿部悦明(IMAGICA カラリスト)

ノルシュテイン作品ならではの丁寧に描きこまれ、しかも詩的な表現に満ちた、まさしく「見たことのないような」作品ばかりの今回のグレーディングは、カラリストの阿部悦明を大いに悩ませたと言います。「実写映画だと、例えば空だとか木だとか、現実にあるものの姿なども色を決めていくヒントにできますが、アニメーション、それも単色で制作された一般的な作品ではなかったため、メイキング的な写真集で原画の様子をみたり、過去に上映用ポジからテレシネされたと思われるDVDなどの色調を参考に、監督の狙いはどこにあるのか、ディレクターの山下さんと頭を悩ませながら仕上げていきました。」(阿部)

こうして修復は完成しました。この完成作品をロシアのノルシュテイン監督の元に届けたところ、「自分が審査員をしている映画祭で、今すぐこれを上映したい」とリクエストが来るほどのお気に入りぶりだったとのことです。


映像の詩人
ユーリー・ノルシュテイン

ユーリー・ノルシュテイン監督

ユーリー・ノルシュテイン監督

1941年生まれ。モスクワのソユーズムリトフィルムでアニメーションを学び、1968年に監督デビュー。これまでの監督作品はわずか6本と寡作だが、童話のような楽しい世界から、人生のありようを問いかける映像詩まで扱う題材は多彩。奥さんのフランチェスカ・ヤールブソワさんの描いた繊細なキャラクターの部品を、奥行きのある空間の中で存在感たっぷりに動かす技はまさに「神」。新作=ゴーゴリ原作の「外套」をなんと30年以上にわたって今も制作し続けている。


全国順次公開中!

IMAGICAのアーカイブグループによりよみがえった、全世界の映像クリエイターたちから絶大な尊敬を集めるロシアのアニメーション作家、ユーリー・ノルシュテインの貴重な映像作品。
これらは「ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映『アニメーションの神様、その美しき世界』」として、全国順次公開中。
映画公式サイト
http://www.imagica-bs.com/norshteyn/

左から「キツネとウサギ」(1973年/12分)、「アオサギとツル」(1974年/10分)、「霧の中のハリネズミ」(1975年/10分)、「話の話」(1979年/29分)"

左から「キツネとウサギ」(1973年/12分)、「アオサギとツル」(1974年/10分)、「霧の中のハリネズミ」(1975年/10分)、「話の話」(1979年/29分)

ページのトップへ戻る