京都文化博物館『創造のためのアーカイブ2018「映画保存・復元・公開ワークショップ-イタリア・韓国・日本-」』にて講演

当社の新井陽子と中村謙介(ともにレストレーションスーパーバイザー)が、2018年3月4日(日)に京都文化博物館にて開催される『創造のためのアーカイブ2018「映画保存・復元・公開ワークショップ-イタリア・韓国・日本-」』にて講演いたします。

「クラシック映画のデジタル修復 ~映画『地獄門』を題材に~」
講演日時:2018年3月4日(日)19:00~20:00
会場:京都文化博物館
内容:衣笠貞之助監督が1953年に大映京都で製作し、カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得した『地獄門』の復元過程を、当社の技術者が実演を交えて解説。

※事前申し込み不要、先着順
※詳細につきましては京都文化博物館のURLをご参照ください。
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_film_post/20180302-20180304