第30回東京国際映画祭・提携企画にて、
「クラシック映画のデジタル修復~「地獄門」を題材に~」(無料)を開催

第30回東京国際映画祭・歌舞伎座スぺシャルナイトで上映決定の『地獄門』4Kデジタル復元版!
本作を題材に劣化したフィルムがいかに蘇ったかを解説、最新技術を用いた今後の修復の可能性についてもご紹介!

株式会社IMAGICA(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大林克己)は、2017年10月25日(水)より開催される第30回東京国際映画祭(http://2017.tiff-jp.net/)にて、提携企画として10月27日(金)19時より、「クラシック映画のデジタル修復~「地獄門」を題材に~」と題したセミナーを実施いたします。

当日は、『地獄門』の権利元の立場で修復に携わった、株式会社KADOKAWAの映像事業局 版権開発課シニアマネージャーの五影雅和様を招き、第7回カンヌ国際映画祭グランプリを獲得し、審査委員長のジャン・コクトーが「これこそ美の到達点」と評価した同作品を題材に、デジタル修復で可能なこと、目指すべきことを中心に映像の権利元の視点、そして実際にデジタル修復に従事する弊社スタッフの視点の両側面から解説させていただきます。さらには、最新技術を用いた今後の修復の可能性についてもご紹介する予定です。この機会に、ぜひお申込みください。

「クラシック映画のデジタル修復~「地獄門」を題材に~」
日時: 10月27日(金)19:00~20:30 ※受付開始 18:30~
会場: 六本木アカデミーヒルズ49 オーディトリアム(定員150名)
登壇者: 株式会社IMAGICA 映像事業本部 プロダクション部 アーカイブグループ 新井陽子
             株式会社KADOKAWA 映像事業局 コンテンツ事業部 版権開発課 五影雅和

★本セミナーは事前登録制となっております。ご興味のある方は下記バナー・QRコードより詳細をご覧頂き、お申し込み下さい。
★定員になり次第、締め切りとなります。(入場無料・全席自由・同時通訳あり)

パソコンから スマートフォンから

【本件に関するお問合せ先】
下記、株式会社IMAGICAの本セミナー専用メールアドレスまでご連絡ください。
tiff.seminar@imagica.jp
————————————————————————

『地獄門』

鮮麗な色彩を駆使し、平治の昔から語り伝えられる壮大な源平時代の悲恋が甦る!
平安時代末期。平清盛に使える武士・盛遠(長谷川一夫)は、戦乱の中で美女・袈裟(京マチ子)と出会う。袈裟が人妻だと知っても諦め切れない盛遠は、何度も彼女に言いより、その都度はねのけられるが、恋の炎はますます掻き立てられるばかり。やがて盛遠は彼女の夫(山形勲)にライバル心を剥き出しにするようになるが、温厚な人格者である袈裟の夫は、盛遠を相手にしなかった。やがて盛遠は袈裟に対し、自分と一緒になってくれなければ彼女の夫や親戚を殺すと脅すのだが・・・・・・。

高橋守朗

ⒸKADOKAWA1953

野口進一

ⒸKADOKAWA1953

「日本初のイーストマン・カラー作品」
監督・脚本:衣笠貞之助
出演:長谷川一夫、京マチ子、山形勲、黒川弥太郎、坂東好太郎ほか
撮影:杉山公平
編集:西田重雄
色彩指導:和田三造
受賞:第7回カンヌ国際映画祭グランプリ、第27回アカデミー賞名誉賞・衣装デザイン賞(カラー)など
公開:1953年
ページのトップへ戻る