TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM への協賛企画
第一回グランプリ作品を題材とした “リアルプロダクションノート『嘘を愛する女』セミナー” 実施
~プリプロダクションからポストプロダクションまで~
IMAGICA賞も発表へ

今年で3回目を迎えるTSUTAYA CREATORS’ PROGRAMとは

IMAGICAが企画趣旨に賛同して今年より協賛している“TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2017(TCP)”の最終審査会が、去る11月16日、恵比寿ガーデンプレイスのザ・ガーデンホールにて開催された。
TCPはカルチュア・エンタテインメント株式会社と株式会社TSUTAYA主催による映像クリエイターの発掘を目的としたプログラムで、プロ・アマ問わず映像化可能な企画「名作のタネ」を募り、製作からレンタル・販売・配信までを総合的に支援するというもの。
業界各社と協力しながらサポートして、新しい才能が輩出される環境や、新たなクリエイターとの出会いを創出し、映画市場の活性化に寄与すべく行われている。受賞作には5,000万円~の総製作費を準備して、資金や制作体制をバックアップ。完成したオリジナル作品は全国のTSUTAYAやTSUTAYA DISCASでのレンタル、TSUTAYA TVでの配信で展開されるなど、全国の映像ファンに鑑賞してもらえる環境やプロモーションが準備される。
2015年にスタートして、本年で3年目。今回寄せられた企画は全268作品で、その中から7作品=7名のクリエイターがファイナリストとして選ばれ、当日の最終審査プレゼンテーションに臨んだ。

協賛企画 “リアルプロダクションノート『嘘を愛する女』セミナー” ~プリプロダクションからポストプロダクションまで~

中江和仁監督

その後、審査員による別室での最終審査の間にステージ上で開催されたのが、協賛IMAGICAプレゼンツによる“リアルプロダクションノート『嘘を愛する女』セミナー”。

2018年1月20日に公開を控えた『嘘を愛する女』(http://usoai.jp/)は中江和仁監督によるTCPの初代グランプリ受賞作品で、同プログラムから初めて映画化されるオリジナル企画(TCP応募時タイトル『嘘と寝た女』)。
本作は「夫は誰だった?」というセンセーショナルな見出しがつけられた新聞記事を見た中江監督が、実際の事件に着想を得て書き下ろした嘘にまつわる愛の物語。5年間同棲していた恋人が昏睡状態となり、医者と称していた身分はおろか名前さえも嘘だったことを知る女性。彼は一体何者だったのか、そして自分を本当に愛していたのかも不確かになる中、彼が黙って書き遺していた700枚の小説をもとに彼の足跡を追うというもの。
ヒロイン・川原由加利を長澤まさみさん、秘密を持つ恋人・小出桔平を高橋一生さんが演じる。IMAGICAは本作にも携わっていて、プリプロダクションからポストプロダクションまでの過程と裏話が、本作の営業担当であるIMAGICA 映像事業本部 プロデュース部 第1プロデュースグループ・岡田浩二の進行のもと、登壇した中江和仁監督、ROBOT・村上公一プロデューサーから語られた。

100稿以上の異なる展開・結末を書いていた。本当はフィルムで撮りたかった~中江監督
ラボとして可能な範囲の提案をさせていただいた~IMAGICA・岡田

岡田浩二

もともと企画を温め続けていた中で、10年ほどかけて100稿以上の異なる展開・結末の脚本を書いていたと中江監督。「主人公は女性。女性の視点も入れないといけないということで、知り合いのライター(共同脚本・近藤希実氏)にも入っていただいて、脚本を書き上げました」。村上プロデューサーも、「脚本づくりは一番障害がいっぱいある作業過程。そこを乗り越えないといい映画はできない」とコメント。
そうして完成した脚本を「読んでいて実際に画が浮かぶような脚本だなと思いました」と語った岡田は、ポストプロダクションについても「普段ポスプロはイン近くになってお話を頂戴することが多いんですが、今回は早めに連絡をいただいたことで、ラボとしてのノウハウを生かした提案もさせていただくことができました」。
今回、デジタル撮影ながら映像のこだわりとしてあったのは、フィルムの質感。「カメラマンの池内(義浩)さんと僕は、できれば実際にフィルムでやりたかったんですが、結果的にテイクをものすごく撮ったので……。最終的に池内さんが僕の耳元で、“(フィルムは貴重なうえ高価で撮り直しを重ねられないため)フィルムじゃなくて良かったね”と(笑)」。一方で、IMAGICAからはフィルム撮影も視野に入れて4種類の仕上げまでの見積もりを事前に作り提示したという話も出て、「フィルムならではのルック、フィルムならではのことを選択肢に入れていただいたことは、現像所からスタートした会社の人間として嬉しく思いました」と岡田。フィルムについて熱弁する岡田に、逆に中江監督が「フィルムでやりたかったんですか?(笑)」と質問して、岡田が「個人的にはそれもやってみたかったなあ(笑)」と語る一幕も。

映像データのやりとりには、HARBOR(映像制作プラットホーム)を活用
専用回線を使っての高速データでのやりとりで作業がスムーズに~村上プロデューサー(ROBOT)

また本作では、撮影した映像素材のやりとりにハードディスクではなく、IMAGICAとグループ会社フォトロンが共同開発した一括管理可能な映像制作プラットホーム”HARBOR(ハーバー)”を導入。
専用回線を使って高速でデータのやりとりを行うことができ、「転送と同時にメールも送られてくるので、非常に作業がスムーズでした」と村上プロデューサー。
仕上げに際しては、各編集段階でのチェックをモニターではなく、設備の整ったIMAGICAの試写室で計7回行うというバックアップ体制が採られた。岡田は「モニターでは分からない感覚を、これが長編映画初となる監督に観ていただきたかったんです」と語った。

最後に『嘘を愛する女』出演者の長澤まさみさんと高橋一生さんからのビデオメッセージが上映され、中江監督の「撮影が4月に終わりまして、ついこの間まで編集もろもろやっていたのでまだ冷静に観れないんです。ただ、皆さんひとりひとりのお芝居が素晴らしい。それだけは自信を持って言えます」という挨拶と、最新の予告編の上映でセミナーは締めくくられた。

IMAGICA賞~命という深いテーマをSFという切り口で描く『2/1イチブンノニ(仮)』に授与

そしていよいよ、2017年のTCPの受賞作品の発表へ。まず最初に発表されたのは、IMAGICA賞。協賛企画の1つとして、映像業界を様々な角度から下支えしているIMAGICAとして、新たな才能の種を持ったクリエイターに向けて贈られる賞として設けられた。7名のファイナリストが緊張の面持ちでステージに立つ中で登壇した、IMAGICA代表取締役社長・大林克己が読み上げたのは、映像クリエイター・針生悠伺さんの『2/1イチブンノニ(仮)』。本作は、医師の主人公が心臓移植が必要となった息子を救うため、そのドナーとして培養された息子のクローンを悪戦苦闘しながら育て、いつしかクローンに息子を愛する気持ちを見出してしまうというストーリー。「命という深いテーマをSFという切り口で描いていて、非常に興味を持ちました。映画としてもきれいな映像で作れるんじゃないかと思い、もし映像化される際は弊社としてもぜひサポートしたいと思い、選ばせていただきました」と選評を語った。針生さんにはIMAGICAから副賞として、最新技術を搭載した手のひらサイズの高性能ミニドローン・DJI Spark FlyMore コンボが贈られた。

TCP各賞発表へ ~今年も4作品が受賞~

続いて、いよいよTCPの審査発表へ。今年は昨年に続き、急遽、審査員特別賞が設けられ、4つの賞が授与されることとなった。
審査員特別賞に脚本家・土橋章宏さん『水上のフライト(仮)』、準グランプリ・フィルマークス賞に映像制作・ウエダアツシさん『モータープール(仮)』、同じく準グランプリ・グリーンファンディング賞に映画監督・脚本家・小説家・片岡翔さん『ザ・ドールハウス・ファミリー(仮)』が決定。そして栄えあるグランプリに選ばれたのは、IMAGICA賞にも輝いた針生悠伺さんの『2/1イチブンノニ(仮)』。感無量の様子の針生さんは、「この作品を企画する前に、同じコンセプトで仲間たちだけでショートフィルムを作っていましたが、その後に子どもが生まれたことで、この作品を、もっと命のことを深く考え、より愛のあるテーマにしなければいけないと思い、自分なりに磨き上げた大事な企画です。子どもが成長したら観せられる作品になるよう、頑張って作りたいと思います」とコメント。
グランプリをはじめとした4作品は、TSUTAYA発のオリジナル作品として映像化に向けて動き出すこととなった。

今後もクリエイターに寄り添った映像作りを目指して

IMAGICA主催によるセミナーの中で、岡田は「コンテンツを制作するクリエイターの方たちをこれからもサポートしていきたいと思っています。できたら、来年の審査用の映像もお手伝いし、より早いタイミングでクリエイターの皆さんの思いを形にするお手伝いをしたいと思います。」とも語っていた。
IMAGICAが担うプリプロダクションからポストプロダクション作業は、映像制作においてなかなか表には出てこない作業も多い。ただ、今回の『嘘を愛する女』でのリアルプロダクションノートで語られたように、撮影からオフライン編集の工程、合成素材からカラーグレーディングの工程、最後にタイトル入れからDCPでの初号試写までと、常に監督、プロデューサーと向き合いつつ進める作業は多く、それぞれの作業の中でもさらに細かい作業を、何度も試行錯誤を進めながら重ねていく中で作品は完成していく。岡田が語るように、今後もIMAGICAはクリエイターの皆さんをサポートすることで、より良い作品作りに貢献していきたいと考える。
オリジナル映画企画とクリエイターの発掘を目的に、「良質な映画企画=名作のタネ」を募集し、映像化をバックアップするという意図でスタートしたTCP。最後に来年の第4回の開催も発表され、終了となった。

———————
作品情報

「嘘を愛する女」
2018年1月20日全国ロードショー

ⓒ2018「嘘を愛する女」製作委員会

出演:長澤まさみ、高橋一生
   DAIGO、川栄季奈、黒木瞳、吉田鋼太郎
監督:中江和仁
脚本:中江和仁、近藤希実
音楽:富貴晴美
主題歌:松たか子「つなぐもの」(アリオラジャパン)
製作:「嘘を愛する女」製作委員会
制作プロダクション:ROBOT
製作協力:東宝映画、阿部秀司事務所
配給:東宝

公式サイト: http://usoai.jp/

ページのトップへ戻る